st-571-a/st-571-b パリで仕入れたボタンシリーズ

60年代後半に作られたガラス製のフランスのボタンパーツです。
クロスステッチの刺繍を思わせるような美しいバラの絵柄に惹かれて仕入れました。パーツに穴が2箇所開いているのでその穴を生かしてもよし、そのままブローチピンなどを取り付けてしまうなど、使いみちは様々。とてもキレイな赤なのでファッションのアクセントになってくれそうです。

st-571-a
年代:60年代/素材:ガラス
サイズ 直径約30mm 厚み約3mm
※裏側の金属がついています。
st-571-b
年代:60年代/素材:ガラス
サイズ 直径約30mm 厚み約3mm
※裏側の金属がないタイプです。