st-567/568 パリで仕入れたボタンシリーズ

陶器のボタンが流行った50年代のフランスのボタンです。木なのか葉脈の模様なのか今となっては作った職人さんの糸は分からないのですがやさしい色合いで可愛らしいボタンです。ベージュのほうはまるでクッキーに、茶色のほうはチョココーティングのクッキーにも見えるおしゃれなボタン。裏側はst-568のほうが白っぽいです。サイズが茶色のほうが一回り小さめです。

st-567
年代:50年代/素材:陶器
サイズ 直径約22mm 厚み約5mm
st-568
年代:50年代/素材:陶器
サイズ 直径約20mm厚み約4mm